高尿酸血症

尿酸とは

■尿酸とは、細胞の中にある「核酸」という遺伝子の成分が分解されてできた、古い細胞の残りかすでもあり、また、体の中のエネルギーのもととなっている物質の燃えかすでもあります。つまり、新陳代謝によって細胞が分解されたり、エネルギーを使うと、体内で尿酸が作られます。また、尿酸の原料(プリン体)はいろいろな食品にも含まれていますので、これらを食べることによっても体内の尿酸が作られます。

高尿酸血症と治療管理目標

■血液中の尿酸値が8mg/dlを超えると、痛風、腎臓障害、さらに狭心症や心筋梗塞などの合併症が起こってきます。したがって、食事運動療法を行っても8mg/dlをこえてしまう場合に薬による治療を考えます。

■痛風発作を起こしたことがあれば、6mg/dlを目標として薬物治療を行います。

尿酸値(mg/dl) 管理基準
6以下 治療中の目標値
7以上 これをこえると「高尿酸血症」

8以上

薬を服用する基準

 

尿酸を上昇させるもの

1)遺伝的な要因

病気は遺伝的素因に環境からの影響が加わって発病します。痛風の場合にも遺伝的体質が関連します。約20%ぐらいの痛風の患者さんには父親や叔父さん、従兄弟に痛風もちがいます。

2)食生活の問題

「これは食べてはいけない」という食品の制限はありません。 それよりも食べる総量を制限することが大切です。痛風の患者さんの60%には、肥満があり、肥満度が大きいほど尿酸値は高くなります。食事を減らし、よく歩き、標準体重を守ることが大切です。

3)飲酒の問題

アルコール飲料を飲むと尿酸値は一時的に上がります。アルコールが体内で分解される時に尿酸が作られること、その際にできる乳酸が体内に尿酸を蓄積すること、一部のアルコール飲料には尿酸の元になるプリン体が多く含まれていることなどがその主な原因です。アルコールが代謝されるときに尿酸値が上がるので、どんな種類のお酒でも尿酸値や痛風にはよくないわけですが、尿酸の素になるプリン体を含む量は種類によってかなり違います。プリン体は、ビールに最も多く含まれ、ウイスキー、ブランデー、焼酎などの蒸留酒はあまり含まれていません。ただし、もっとも重要なのは何を飲むかということではなく、アルコールの量を減らすことです。焼酎がプリン体が少ないからといってたくさん飲んでしまっては意味がありません。

4)ストレスや、行動パターン

ストレスは尿酸値を上昇させるようです。運動もやり方次第では尿酸値を上げ、特に激しい運動は尿酸値を一時的に上昇させます。発汗や下痢で脱水状態になったときも血清尿酸値は上昇します。

5)他の病気の影響

腎機能が低下したり、血液の病気があったりすると尿酸値が上がることがあります。悪性腫瘍が原因で高尿酸血症になることもありますので注意が必要です。

6)薬剤の影響

薬剤の中には、尿酸値を上昇させるものがあります。 サイアザイド系降圧利尿薬(フルイトランなど) ループ利尿薬(ラシックスなど) 喘息の治療薬のテオフィリン(テオドールなど) 結核治療薬のピラジナマイド(ピラジナミドなど) 少量のアスピリン(小児用バファリンなど) その他、薬剤ではありませんが健康食品といわれるものの中に、核酸成分を大量に含むものを毎日食べ続けて尿酸値が高くなることがあります。

プリン体の多い食品

食品 プリン体含有量
(mg/100g当たり)
食品 プリン体含有量
(mg/100g当たり)
煮干 746 タラコ 120
かつお節 493 サケ 119
あんこうの肝
(酒蒸し)
399 納豆 113
干し椎茸 379 ハマグリ 104
鶏レバー 312 ウナギ 92
豚レバー 284 豚ロース 90
牛レバー 219 牛タン 90
カツオ 211 帆立 76
スルメイカ 186 そば粉 75
サンマ 154 ほうれん草 54
ニジマス 180 えのきだけ 49
まぐろ 157 なめこ 28
アサリ 145 白米 25
タコ 137 豆腐 20
ウニ 137 スジコ 15
ヒラメ 133 ビール 6
鶏モモ 122 チーズ 5
サラミ 120 イクラ 3
ブリ 120 日本酒 1

みどりの森クリニック

〒446-0871 愛知県碧南市向陽町1丁目41番地 TEL: 0566-43-3773 FAX: 0566-43-3780

Copyright 2008 MIDORINOMORI CLINIC. All Rights Reserverd.