逆流性食道炎

こんな症状があれば あやしい

■ 胸が焼けるように痛む

■ げっぷが酸っぱい

■ のどがいがいがする

■ 食べ物がのどにつかえる

■ こんな症状はありませんか? あれば逆流性食道炎かもしれません。

■ 原因は胃液が食道に逆流することで、食道が傷つくことです。慢性的に食道が傷つくような状態けば、食道がんができやすくなります。 疑わしい場合は検査をお勧めします。

逆流性食道炎は増えてきています

■逆流性食道炎は今注目されている病気です。近年食事の欧米化が進み増えてきました。

■日本人の成人の20%近くが逆流性食道炎ではないかと推測されています。けっこうありふれた病気なのです。

■逆流性食道炎が最近増えてきているのは以下のような原因が考えられてます

● 胃酸の量が多い方(ピロリ菌保有者が減っており、胃酸の分泌量が多い方が増えている

● 姿勢が悪い(デスクワークの方)が増えている

● 肥満が増えている   

● 外食が多く不規則な生活をする方が増えている(夜遅く食べてすぐ寝てしまう)

逆流性食道炎の多彩な症状

■胸焼けなど、冒頭に挙げた症状がが代表的なものですが、そのほかにもいろいろな症状があります

たとえば、 

● 咳がなかなか直らない      ● 胸の痛み (狭心症など誤って診断されることも)

● 吐き気    ● 血痰    ● 食べ物がつかえる感じ  ● のどの違和感

などです。 狭心症や、気管支炎、咽頭炎など他の病気と誤って診断されていることもあります

逆流性食道炎の検査と治療

■逆流性食道炎が疑われたら、胃カメラで検査します。 胃カメラでみると食道と胃の境目に赤みやびらんがみられます。 胃のバリウムの検査はお勧めしません。胃カメラで食道の粘膜の色をみることが大事。

■治療は飲み薬が基本です

■まず、一度にたくさん食べ過ぎないこと、脂っこい食事を避けることが食事の基本

■薬では胃酸の分泌を抑える薬を飲むようにします。

■食道炎はあっても痛みのない人は、食事内容の改善だけでよいでしょうし、内視鏡的には異常がなくても痛みがある場合は、薬を服用すべきでしょう。

生活で気をつけること

● 一度にたくさん食べ過ぎないこと、 ゆっくり食べる

● 脂っこい食事を避ける

● タバコをやめる

● アルコールを控えること、とくにビールとかシャンパンなどは炭酸で胃が膨らんで逆流を助長します。

● 強い香辛料、たまねぎ、かぼちゃ、さつまいも、トマト、柑橘類、チョコレート、ケーキ、甘味和菓子、炭酸飲料、コーヒーなどは胸焼けを起こしやすい。

● ベルトや帯、コルセットはゆるめに

● 肥満や便秘を解消する

● 妊娠中は胃が圧迫されるので、注意が必要

● 食べたらすぐ寝ない

みどりの森クリニック

〒446-0871 愛知県碧南市向陽町1丁目41番地 TEL: 0566-43-3773 FAX: 0566-43-3780

Copyright 2008 MIDORINOMORI CLINIC. All Rights Reserverd.